石浦のおばあちゃん、おじいちゃんの顔が浮かぶのです

 昨日、安来のおじ、という非常にたのしい島根県の大スター=シンガー・ソングライターさんのライヴを吉祥寺のスターパインズ・カフェで浜田真理子さん@島根県が生んだこちらも大スターよ・・・といっしょに楽しく行って、帰ってきて、ツイッターを開けたら、びっくり。こんな記事が。。。


 日本相撲協会は部屋持ち親方で構成される師匠会で、本場所や巡業を休場した力士の行動について注意喚起した。

 春日野広報部長(元関脇・栃乃和歌)は「公式行事に出ないにもかかわらず私的な用事に出るのはどうか」と説明。これに伴い、秋場所を全休して10月の秋巡業もしばらく休むことになった横綱・白鵬は、10月1日に開かれる弟弟子の幕内・石浦の結婚披露宴を欠席せざるを得なくなった。

 同じく秋場所を全休した横綱・稀勢の里は秋巡業に初日から参加するため、29日に茨城・笠間稲荷神社で行われる奉納土俵入りには予定通り参加する。


 えっ?
 どういうこと?

 最初、よく意味がわからなかった。公式行事に出ないも関わらずっていうけど、今、この時期、何も公式行事はなくて、相撲界は全体にお休み中。みんな実家に帰ったりしてる。

 たしかに白鵬は秋場所は休んで、巡業もしばらく「けがのため」にお休みするけど、それ以外は外に出ちゃいけないの? えっ? 自宅軟禁? スーチーさん? 軍事政権? 何? 葬儀とかあってもダメなの? 親が死んだらどうするの?

 よく意味が分からないんだけど。

 別に、どっか行ってサッカーはしないよ(トホホ。。。。)。
 内弟子の結婚披露宴に、お祝いに、冠婚葬祭に行くんだよ。ねえ。それも、ある意味「仕事」だよね? そうじゃない? タニマチ、地元の名士さん、さんたくさんたくさんおいでになる。ご挨拶する、たいせつな仕事だよね?

 百歩譲ってプライベートだとしても、プライベートはプライベート。仕事は仕事。別だよね? プライベートまで立ち入り、縛る権利はどこにもないと思うのですよ。

 いや、ルールはある。それは相撲界がルールだ! 相撲界が掟だ!

 いえいえ。相撲協会は今、公益財団法人ですよね。

 『公益法人は「自己責任」と「自主・自律性」に基づく運営が強く求められ、そのために基本的なガバナンスの確保や体制づくり、法人運営や事業の透明性・コンプライアンスに対しては、営利法人以上に自らが率先し取り組むことが重要になってきます』

 これは公益法人協会のコラムにあったものです。コンプライアンスに関して、営利法人以上に厳しく、しっかりと定め、社会が求めるCSR(社会的責任)をきちんと負っていかなければなりません。

 今までのように「相撲界のルールだ!」では一般社会のルールにそぐわず、理解されません。税制で大きく優遇を受けている以上、コンプライアンスをこれまで以上にしっかりしなければならないわけです。今回の件は、労働者(力士)のプライバシーの権限を侵害する、ゆゆしき問題ですね。

 。。。。なんていうことはとりあえず置いておきましょう。

 私はこのニュースを聞いて、とにかく、とにかく、まず、悲しく思いました。
 ああ、石浦のお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、しんせきのおじちゃん、おばちゃん。
 それに、石浦の妻のお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、しんせきのおじちゃん、おばちゃん、兄弟たち。。。。

 いろんな顔を想像しました。

 みんなみんなこの日を楽しみしていたはずです。横綱が来てくれて、豪華で、晴れやかな、誇らしい披露宴。大きなケーキ。綺麗なウエディングドレス。花嫁のてがみ。涙涙涙。。。。

 準備も時間をかけてきたでしょう、ゼクシィで仕事してきた和田からすると、その労力たるや! 想像すると、すごいことだろうな!と思います。白鵬来る、の体で作り練り上げられたウエディングBGM。。。ああ、その仕事してきたから分かるけど、そこだけ入れ替えてデータ焼き直してって、めちゃくちゃ面倒だよ!!! うんざりしちゃうよ!!

 だいたい、これだけの人の披露宴なら、地元の名士さんもたくさん集まるでしょう。タニマチさんや、いろいろ芸能人さんやら。そういう人たちがスケジュールを合わせ、集まってくれるわけです。

 そういうみなさんの落胆たるや!!! 想像するに。。。。。涙です。

 せっかくの若者達の晴れの門出が。。。。。。涙です。

 私は涙しかありません。

 石浦の家族たちは、涙しながらも、白鵬に会えることを期待して集まってくださるみなさんへ、肩身の狭い、申し訳ない思いで、みんなすごく苦しんでいることでしょう。そんな思いを、石浦のおじいちゃんとか、おばあちゃんが感じて、お客様に「ごめんなさいごめんなさい」なんて謝ることになったりしたら。。。本当に悲しいです。つらいです。

 上に立つ人は、どうか現場でがんばる人たちを悲しませないで。上に立つ人は、寛大で、優しく、現場で頑張る人たちを励まして。

 これがルールだ!と振りかざすのではなく。見守り励まし温かく。お祝いに水差すことなど言わず。しかもわずか3日前に。。。それは、あまりに、あまりに、あまりに。ただの意地悪です。しかも、あまりにたくさんの人を、何ら関係ないお年寄りをも悲しませる罪な意地悪です。

 すみませんでした。これは撤回します。ご迷惑ご心配おかけしたみなさまに謝罪します。

 男らしく、謝ろうよ。それで、みんなでまた笑顔になろうよ!

 それが人としての道じゃないのかな?
 それこそが相撲道に乗っ取ることではないでしょうか?

 ここで謝ることが出来ることこそが、私は真の相撲道に生きる人だと思う。

追記:とか書いてたら、こんな結末が!!

白鵬関が明治神宮奉納全日本力士選士権とbeyond2020場所に参加することになった。明日の鶴竜関と石浦関の結婚披露宴にも出席する。なお力士選士権は既に取組が組まれているため土俵入りのみの参加となる。

 びっくり!
 そうか! 白鵬、ここは愛する内弟子の石浦の披露宴を第一に、自分が無理をして、怪我を押して、出場して、とにかく披露宴に出られるように環境を整えたんだ。

 なんて、なんて、器がでっかい!!! 本当の横綱! 本当の相撲道を見せてくれたね、白鵬!


この記事へのコメント