靖国奉納相撲に行きました

 昨日は久々に靖国神社奉納相撲へ行きました。前に行ったのは。。。。。。。。朝青龍を見に行ったときだから、もうほんと、10年ぶりぐらい? なんでそんなに行ってなかったのか? は、混んでるからなんですが。。。込んでても行くべきであった! 行ってよかった! と心から思いましたわ。

 昨日はとにかく「白鵬が帰ってくる」ことを楽しみにしていたのですが、あれ?こんなに取組あったっけ?と、序二段から取組やっててびっくり。前見た頃は十両と幕内ぐらいだった記憶が。。。あれ?あれれ? お久しぶりにお会いした刈屋さんも「前はこんなにやってなかったはずだよ~」とおっしゃっていた。刈屋さん、昨日もダンディなスーツお召しになっておられましたわ。おしゃれさ~ん。

 しかし序二段の頃、私は毎日新聞の取材を受けていて、ほとんど見てなかったんですが。。。その後、知り合いが前の方で場所確保してることを知り。。。そちらに座らせてもらうことに。。。おおおお! 彼女たちは朝6時から並んでいたというツワモノで、すごく前の方!土俵が目の前!こんないい場所(地面にシート敷いて座ってます)、今まで見たことがない!

 ので、次々やってくる関取たちの大きさ、肌の色、におい、存在感、すべてがよく分かる! 肌のキメまで見える!

 そして、すんごいあたりまえのことを思った。大きい! やっぱり、みんな、とてつもなく大きい!!

 前の番にビヨンセのライヴ・ストリーミングを見ていて、逸ノ城とビヨンセの太もものぷりぷり具合はどちらが勝つか?と思っていたが、逸ノ城の圧勝であった。。。とてつもないっ!

 大きいってすごいことだ!と、改めてビックリ圧倒され、この人たちはすごい特別な人たちなんだから、我々のちっぽけな常識なんて押し付けたって、違うから、違うから、と思った。

 美しい人々は本当に美しく、遠藤って、そばで見るとさらに美しいと知る。

 遠藤、なんか、びんづけ油の香りさえ、他と違う? ねえ、なんか、プレミアムびんづけ油とか使ってない?とか言いたくなるような、あああ、匂い立ついい男! びっくりしちゃった!!

 こんな美しくて大きくて。。。。って、遠藤も、動く国宝級如来像みたいな人だよね? 

 息子の赤ちゃんを連れて土俵入りした鶴竜。土俵に上がった途端に、赤ちゃんを「はい、頼むね」って風にポンと錦木に渡して、その瞬間、そりゃ、打ち合わせ済みだろうが、錦木が、なんとなく、えっ?もう?みたいな風で戸惑う感じがありw そして赤ちゃんはギャン泣き。面白かったなぁ。

 そして白鵬。お父さんのお葬式から帰ってきてばっかりで。。。おかえりなさいいいいいいいいいい!と叫ぼうかなと思ったけど、叫ばなかったけど、叫べばよかった。。。でも、白鵬~~~~白鵬~~~って死ぬほど叫んだw だってここなら声が届くから。思い切り叫びまくったよ~。あああ。楽しい。

 しかし、間近で見る白鵬の土俵入りはお光っぷりがハンパなかった。この人のオーラって。。。すごい。もう、白鵬も国宝間違いなしの仏像レベルというか、ピカ~~~~~~~~~~っと光って、ありがたくて、手合わせたくなる。

 こんなの見させていただいて、本当にありがとうございます!!と心から思った。白鵬。。。本当にすごい。

 すごいことは重々わかっていたけど、改めて改めて、本当に素晴らしい人だと再確認しちゃった。白鵬にガタガタ文句つける人がいたら、ぐいぐい手を引いて、土俵の前にドスンと座らせ、はい、見なさいと言いたい。きっと声も出なくなり、うつむき、反省すること間違いない。そういう人を黙らせ圧倒する力がある。

 この人こそ横綱だよ。これが横綱じゃなくて、誰が横綱なんだろう?

 それにしても昨日は野次がすごかった。前の方に座ってる人たちが、野次飛ばすおじさんおばさんで、堀切!とか萩原!とか、色々本名で叫んで、その叫び方がどう聞いても、どっかバカにした風で、けっこうムッとしてる力士もいた。

 でも、ふと、ああ、昔の相撲場ってこんなだったんだろうなぁと思った。今はみんなお行儀いいけど、昔はこんな風だったんじゃないかなぁと想像した。。。。ちょうど、昔からの相撲場や相撲ファンのことについて、「相撲ファン」という雑誌に書いたところだったんです。なので、色々調べてみると、昔の相撲場は荒々しくて、喧嘩も当たり前で、食い散らかしたゴミが散乱し、ほんと、大衆の遊びというか、観光というか、見物というか、そういう場所だった。

 靖国巡業はそういう雰囲気が戻ってきてる風(だって屋外だし、ござみたいの敷いて見てるし)。昔の相撲場の雰囲気満々。そういう意味でも面白かった。おすもうさんは、イヤだったかもしれないけど。

Da5DCloVQAA2A33.jpg

Da5C_j7UMAA14dP.jpg

 そうそう。横野レイコさんにお会いしたので、思わず手を握り、「いつもありがとうございます。横野さんのお伝えくださることが本当に支えです!」と伝えてきた! むりやりw 

 ところで、きのうはちょっと記者章というのをもらったんですが、でも、私一人じゃどうにもできなくて、少しだけ支度部屋あたりをうろうろっとしてみたんですが、何もできずにすごすご戻り、記者章はカバンの中に隠しておきました。。。「無駄にもらって使えないバックステージパス」という体験が何度もありますが、あれみたいだったわ。己の本分を改めて知るというか、ああ、私はファンなんだから、記者気取りはダメね、と分かりました。はい。

 

  

この記事へのコメント