スモ友はシンガー・ソングライター

 相撲が好き。。。と会った人が言うと、だいたい仲良くなってしまう、ということ、ありませんか?
 私はありますあります。まぁ、もちろん+相性もありますが、「白鵬が好き」なんて言うたら3秒で友達になる。

 島根県松江市在住の浜田真理子さんとも、そんな風にして仲良くなった。
 あれは何年前? たぶん5年ぐらい前。「相撲絵師たち展」にも出展してくれた、デザイナー/イラストレーターのヤマシンさんの四谷で開かれていた個展に行ったら、そこで真理子さんを紹介された。
「こちら相撲ファンの真理子さん」
「こちら相撲ファンの和田さん」
 みたいな感じで。お互い、仕事も知らずw 

 人の個展に行っておきながら私は失礼なことにちょうど場所中だったのでワンセグで相撲見てて「白鵬勝ちました!」なんて、すぐ真理子さんに言って。真理子さんが「やったぁ!」と答えて。それで友達に。

 その3秒後に真理子さんがシンガー・ソングライターだと知って。ええ。まさか真理子さんが「情熱大陸」で紹介されたり、「アエラ」の肖像のページ(有名なページ)に登場しちゃったりするような、すごいシンガー・ソングライターだなんて分かっちゃなかったが、とにかく「相撲ファン、白鵬が好き」のみで、7秒ぐらいで友達になった。

 それから真理子さんの歌をたくさん聞くようになり、大ファンになった。真理子さんの歌は、それは一言で説明するなら、もう、それは天才!しかない。多くの人は彼女を「孤高の人」と呼び、本人はそれを「いやいや、」というけど、その称号さえも本当に似合う。

 そんな真理子さんが新しいCDを出した。『Next Teardrop』というの。真理子さんの音楽性をどうのこうの説明する言葉が見つけられないダメすぎる音楽ライターの私だが、「ピアノ弾き語り」であることは間違いないです、はい。誰もが聞いて一秒で分かるが。

 日頃も八代亜紀の「舟歌」から、レナード・コーエンの「ハレルヤ」まで幅広くカバーする真理子さんだけど、ここでもカバー曲含め、幅広いタイプの歌をうたう。CDのライナーノーツでプロデューサーの久保田麻琴さんが「浜田真理子の魅力は端的に言って声なのだと思う。(中略)オーディエンスの心に深く届くあのまっすぐな声だろう」と書いているけど、ほんと、そうだ。今回もどんな歌をもまっすぐに、たおやか~~~に、ららら~~~♪という具合に歌う。

 たおやかに軽やかにららら~~~とうたう歌たちは、す~とそのまま通り過ぎたい人にはどうぞお気に召すままお通り下さいであり。いや、しかし、そこにふと心を落ちつけてみると、その声の力に平伏したくなる。

 もう、ずっと、そうだけど、真理子さんの歌声には、覚悟がある。もう、絶対に、これだから、という覚悟がある。ちなみに横綱白鵬にもすごい覚悟がある。壮絶な覚悟がある。そうなんだ、私は覚悟のある人が好きだ。覚悟のある人生を見ると、本当に感動して、大好きになる。

 逆に覚悟のない歌とかには、引かれない。おすもうさんは、ほぼ99%みんな覚悟してるのが分かるから、99%みんな好きだ(残りの1%は何なの?は聞かないでくださいw)。

 真理子さんの覚悟は年々凄みを増していて、逆に歌声は年々たおやかになっていく。

 わああわあああわああああと情念丸出しのアラニス・モリセットの歌とかは、思えばあれは20歳ぐらいの若い女性の覚悟で、それはまだまだ本当の覚悟じゃなかったよなぁとか今は思う(嫌いじゃないけどね)。

 

 アルバムの中で白眉だぁという瞬間は色々あるけど、真理子さんの歌うカントリーというのが好きな私は「before the next teardrop falls」というアルバムタイトルにつながった曲が好き。私がかつて好きだったアメリカ。南部。映画の中のような場面が見えてくる。それは郷愁のような。行ったこともない南部だけど。ブルネットの髪の毛がくるんくるんした女の人と、不器用でいかつい男の愛の物語、みたいのが拡がって、妄想炸裂! 遠く遠く旅させてくれる歌。はっきよいはっきよいの世界に妄想膨らませる日々だけど、たまには抱くのです、そんな妄想も。

 それから「サヨナラが降る時」はさすがです。別れ歌を歌わせたら世界1でまんがな、と何故か怪しい関西弁になりますが、まんがな、でんがなっ! 「サヨナラ サヨナラ サヨナラ 悲しかった全部のこと がんばった全部のこと」。。。。号泣~~~~~~~~~! 真理子さん、この人ぁ、泣かせるねぇ、ほんまに~、だ。

 ああ、そして「忘れ音(わすれね)」のイントロ、大好きやん。そしてラストまで、ピアノと打楽器とかとか、色々組み合わせ。久保田麻琴さんのセンスばり光りや~と一人勝手に萌えておりました。

 アルバム『NEXT TEARDROP』by浜田真理子 (税抜2700円) VSCD9733

買うておくんなされ。たのんますぅ。

この記事へのコメント