服部桜くんの勝利!

 序の口の力士、式秀部屋の服部桜くんが、負け続ける相撲人生に終止符を打ち、ついに勝った!  以前にも2016年夏場所に1勝してるそうだけど、それは見てないので知らなかった。なので、昨日が初めて見た服部桜くんの勝利!   通算成績通算成績はこれで2勝111敗1休  1休。。。1回しか休んでないのか!  彼のことを知ったのは、みなさんと同じ、最初の1勝だったという場所の次の場所、16年の秋場所で錦城(現千代大豪)との取組で自ら尻もちを付いたりして、ビビりまくる“敗退行為”で話題になったとき。  その取組、友達がちょうど行ってて見てて、すごいびびってる子がいたよ、でも、みんなが頑張れ頑張れって応援した!!と言っていた、そのときだ。国技館では応援されていたけど、ネットでは叩かれまくった。。。  こりゃもう辞めちゃうかな?と思ったけど、彼は頑張り続けた。 どうやら親方に「ここで辞めたら本当に負け犬だぞ」と言われたそう。  そこから毎日稽古に励み、体重も20キロ増やしているんだとか。  wadashizuka / 和田靜香#石ころRT @shikihidebeya: 親方も「2勝目まで時間はかかったが、今日の白星で壁を乗り越え一つ成長することができた。何よりも本人が逃げないで頑張ってきた証拠。次は3勝目、そして勝ち越しを目指して頑張ってほしい」とエールを送っていました。これからも服部桜への応援よろし… at 07/11 08:33  立派になってる。…

続きを読む

相撲界の伝統「怪我は稽古で治す」を実践する横綱白鵬

 昨日の夜、こんな記事を見つけました。 「休場中も稽古場「ずっと努力」親方認める白鵬の強さ」 https://www.nikkansports.com/battle/column/sumo/news/201806140000035.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  これを読んで、うおおおおおおおおおおおおん! 横綱、すごい!! 自分、すぐにヘタレて泣き言ばかり言ってて、恥ずかしい、うおおおおおおおおん!と泣き叫んでいたんですが、その泣き叫びをFBに書き込んでいたら、チーム白鵬の内藤先生が、こんなことを教えてくださいました。  「これが、『怪我は稽古で治す』という事です。  つまり、怪我をしていない健常部は動かせるという事です!  力士やアスリートは怪我をした部位だけ治していたら、力士・アスリートとして完治しなくなります。  また、怪我をしている時でも土俵に上がる事で、相撲勘や土俵勘(定位能力)を維持できます。  最近は、怪我は稽古で治すの意味が間違えて伝わり、根性論になっています、残念です」  だそうで。なるほど!!! そうなのか!!! と目から鱗でした。  まさに、まさに、これが相撲界で古くから言われてきた「けがは稽古で治す」だったのか!!  なんか、それ、すごく不条理な、相撲界のイジメっぽいものかと勝手に思い込んでいたけど、全然そ…

続きを読む

スモ友はシンガー・ソングライター

 相撲が好き。。。と会った人が言うと、だいたい仲良くなってしまう、ということ、ありませんか?  私はありますあります。まぁ、もちろん+相性もありますが、「白鵬が好き」なんて言うたら3秒で友達になる。  島根県松江市在住の浜田真理子さんとも、そんな風にして仲良くなった。  あれは何年前? たぶん5年ぐらい前。「相撲絵師たち展」にも出展してくれた、デザイナー/イラストレーターのヤマシンさんの四谷で開かれていた個展に行ったら、そこで真理子さんを紹介された。 「こちら相撲ファンの真理子さん」 「こちら相撲ファンの和田さん」  みたいな感じで。お互い、仕事も知らずw   人の個展に行っておきながら私は失礼なことにちょうど場所中だったのでワンセグで相撲見てて「白鵬勝ちました!」なんて、すぐ真理子さんに言って。真理子さんが「やったぁ!」と答えて。それで友達に。  その3秒後に真理子さんがシンガー・ソングライターだと知って。ええ。まさか真理子さんが「情熱大陸」で紹介されたり、「アエラ」の肖像のページ(有名なページ)に登場しちゃったりするような、すごいシンガー・ソングライターだなんて分かっちゃなかったが、とにかく「相撲ファン、白鵬が好き」のみで、7秒ぐらいで友達になった。  それから真理子さんの歌をたくさん聞くようになり、大ファンになった。真理子さんの歌は、それは一言で説明するなら、もう、それは天才!しかない。多くの人は彼女を「孤高の人」と呼び、本人はそれを「いやいや、」というけど…

続きを読む